夢精防止、予防|青年期夢精頻度について説明

夢精は、睡斎に性行為に関する夢や性的高潮を伴いペニス勃起後に射精してしまうことです。時には、夢や性的高潮、ペニス勃起を伴わないこともあります。男性の青年期によくみられる現象で、悪い病気ではありません。

青年の思春期には、精液の物質を作っているせいのうせんや前立腺が分泌成分を多くに生産するため、間脳を中枢を間にたてる射精反射が起こることが原因と考えられています。とりわけ夜間は、ぼうこうが尿で充満するため、これに接している精嚢腺や前立腺が抑圧されて夢精が発生すると考えられています。

かつては思春期を迎えると、夢精について、細かな所までよく知っている比率が高かったとされていますが、この数年間は自分で自分を慰める行為を覚えるのが低年齢化しており、夢精を経験せずに自分で自分を慰めること行為を始めるケースが多いと見なされています。

一般的に自分で自分を慰める行為を頻繁に行うと夢精を経験する割合が下がり、年齢とともに少なくなっていくのが普通。一説には、成長に伴い過剰な精液のメカニズムを排尿時に一緒に排出する能力が備わるため、夢精によって排出する必要がなくなるからといわれます。

夢精が毎晩起こったり、夢精頻繁高めると、病的な遺精といえます。その原因となる疾患としては、せきずい神経疾患、精嚢炎、前立腺炎、極度の精神的疲労、神経衰弱、性的神経症、禁欲などが挙げられ、夢精防止と夢精予防が必要な場合もあります。

普通には、精神的プレッシャーや肉体的プレッシャーがたまっている時には、筋肉の硬直から遺精が引き起こされやすいといわれます。

夢精頻度は
精子は毎晩生産されていて、思春期はとくに大量生産されます。だから、毎晩夢精をしても、体に悪い障害をもたらすことはありません。逆に、長い間射精をしなくても、活性しない精子は体の中で自然に分解され吸収されてしまうので、こちらも心配ありません。

夢精予防
毎晩夜寝る前には必ずセックスに関する事や女の子の事を考えない
これで最初のうちはある程度防げると思います。

大豆を主食とした食事を心がける大豆のタンパク質には女性ホルモンと同じ効果があるので性欲は落ち着くと思います。

現実の世界でも女の子に誘われてもセックスしないという考えを持つ!
これが一番重要です。実際夢は見ている時は現実と区別が付きません。
夢で女性から誘われても断る事が出来き夢精を回避することができます。
夜遅くまで起きないようにして早寝を心がける夜は心を惑わせが多いのでよほど精神が強い人でないとセックスに関する事を考えて夢精してしまう可能性が高いようです。

夢精防止法
夢精は、普通には病気でないことが多いですが、夢精防止できる可能性もあります。夢精の手立てとしては、睡眠中に膀胱を尿で詰めて満たさせないために、寝る前には必ずトイレに行っておくことである程度の夢精防止が可能です。また、日日に自分で自分を慰める行為の回数が少ない人 は夢精が起きやすいといわれているため、定期的な自分で自分を慰める行為も効果的であるといえます。 また、遺精については、神経衰弱、精神興奮状態などが根本原因と挙げられるので、心をリラックスさせることが必要です。そのためには、適度なトレーニングをしてプレッシャーを改善させることも効果的です。

出典: http://cincinnatizen.org/

膣内射精障害を改善する方法ご紹介

膣内射精障害とは、女性膣内での射精障害を指しますが、広義には、女性膣内に男性の陰茎を挿入できないことから、狭義には、膣内に挿入はできるものの、オーガズムに達せず射精ができない、いわゆる遅漏症の延長とも言える状態です。膣内射精障害は不妊になる可能性がありますから、非常にたいへんです。膣内射精障害の改善方法は何でしょうか?本文では、膣内射精障害の改善方法の情報についてご紹介します。

自慰行為方法を変更する
まずは、マスターベーションをしてしまっている方の場合には、その方法を変更するのがひとつの膣内射精障害の改善方法です。性交渉中の注意点としては、自分の性的感覚に集中する(ペニスの先端に集中する)というものが考えられます。

優しい自慰行為を行う
強い刺激を与え続けると、刺激の弱い性行為では絶頂感を感じにくくなってしまいます。普段から強く握るような自慰は止め、優しいく扱うようにしましょう。

自慰行為の頻度を少なくする
性行為をする際、それ以前に自慰行為をしていなければ絶頂を感じやすくなります。普段から行っている自慰行為の数そのものを減らす、いわゆるオナ禁をしてみましょう。

コンドーム・マス法
膣内射精障害の改善方法には膣内と同等の圧力に慣れる必要があります。コンドーム・マス法はコンドームの中にゼリー(ローション)を入れることで、コンドームをまるで女性の膣内とイメージしてその中で射精できる方法になります。目的は膣内と同等の圧力に慣れることです。なるべく力を入れないようにしましょう。

膣内射精障害の原因は何でしょうか?

膣内射精障害とは、ED(勃起不全)ではないのに、セックスのときに女性の膣内に射精できないという性機能障害のひとつです。膣内射精障害は不妊の大きな要因にもなって、あまり今まで注目されてこなかっただけに、ひとり悩んでいる男性も多いのではないでしょうか。では、なぜ膣内射精障害になりますか?膣内射精障害の原因は何でしょうか?本文では、膣内射精障害の原因の情報についてご紹介します。

自慰行為
膣内射精障害の原因の中で、多くのは自慰行為(マスターベーション)における問題です。非常に強い刺激でマスターベーションを行っている男性は、女性の膣内の刺激で射精できない状態になってしまうのだとか。このように、男性のこれまでの習慣が射精障害に影響することもあるようです。

手で射精する習慣
アダルトビデオ、ポルノビデオの中には膣内で射精せず、最後に手を使って射精するものがあります。これらの影響により、性交時にも射精の前に性器を抜いてしまい、手を使って射精してしまう習慣がついてしまっている若者がいます。そのような方も、まずはその習慣をきちんと直していくことが大切になります。

心因性の原因
ストレスなどの心因性のものが挙げられます。食欲、睡眠欲、性欲と言いますが、自然に性欲を満たすことができない状況を極端に作り出してしまうと、それはむしろマイナスになります。心因性のストレスが膣内射精障害の原因の場合は、問題が複雑ですので、泌尿器科を始め、精神科や精神内科などで相談されることをおススメします。

膣内射精障害と勃起不全は違います

膣内射精障害と勃起不全は両方もセックス時に何らかのトラブルが起きてしまう症状です。「膣内射精障害は勃起不全ですか?」と問題がありますが、今は膣内射精障害と勃起不全の別物と認識されています。

生殖器や性交に何らかの障害がある状態を「性機能障害」と言われています、性機能障害は勃起障害と射精障害の2つに分けられます。そして膣内射精障害は早漏や遅漏などと並ぶ射精障害の一種であります。簡単にいえば「どちらもセックスに支障がある仲間だが、勃起不全は勃起力、膣内射精障害は射精力に問題がある」ということになります。

また、セックスの途中に膣内でペニスが萎えてしまう、いわゆる「中折れ」は医学的には勃起不全に該当しますが、膣内でペニスが十分な感度を得られないために中折れしてしまう、ということもあるため、膣内射精障害とも考えられます。逆に膣内ではなくマスターベーションでも射精できない、まったく勃起しない状態になるというのは勃起不全と判断されます。

勃起不全はセックスのために十分な勃起ができない、または勃起できても維持することができない症状ですが、刺激の強いマスターベーションや過激なAVなどに慣れすぎてしまうと、勃起不全をひきおこすこともあれば、膣内射精障害に陥ることもあります。重度の膣内射精障害になると、「オナニー以外で射精できない」という状態になってしまう、女性とセックスすることができなくなる人もいますので「今日はたまたまうまくいかなかった」と体からのサインを見逃さないようにしてください。

射精障害の原因・射精障害分析

射精障害とは、ED(勃起不全)ではないのに、セックスのときに女性の膣内に射精できないという性機能障害のひとつです。

マスターベーションは、性交ではなく、自分の手や器具などを用いて自らの性器を刺激し、性的快感を得る行為。自慰ともいう。マスターベーションをやりすぎ、射精障害になった可能性が高くなります。原因はマスターベーションとは、布団や畳などに圧迫して射精するものです。ペニスを上下にこする一般的なマスターベーションに比べて、圧迫することで快感を得る方法です。この方法は非常に強い刺激によるもので、この方法に慣れてしまうと、少ない刺激では射精できない体になってしまうのです。

射精障害の治療
まず、ペニスを押し付けてマスターベーションをしない
床にペニスを体ごと押し付けるようなマスターベーションは行わないようにしましょう。万一、これが癖になっているようでしたら、今からすぐにやめるべきです。

次は、過激なアダルトビデオを見るのを控える
アダルトビデオを見ながらオナニーをすると性的快感が特定の性イメージと強く結びついてしまい現実のセックスで射精するのを困難にしてしまいます。

三つはオナ禁する
いまから、現実のパートナーとのセックスの回数を増やしていきます。

そして、あなたの腰を使ってみれば?
セックスとマスターベーションでは動きが違います。とくにマスターベーションでは腰を使ったりはしません。腰の使い方で、最後の射精を導くように訓練をしましょう。

今、彼女が居る男性も、居ない男性も、射精障害に少しでも心当たりがあるという男性はサプリの飲用や、マスターベーションの工夫、マスターベーションの矯正などから始めてみてはいかがでしょう。マスターベーションの癖は長い間のついてしまったものなので、なかなか治せないかもしれません。

膣内射精障害の治療方法

膣内射精障害はED勃起不全とは異なります。勃起は可能だが膣内射精ができない症状のことで、性機能障害に分類されます。

膣内射精障害の原因についてですが、大きく分けて「心因性」と「誤ったマスターベーション方法」があります。

まず、心因性の場合には問題が複雑であるケースが多いため精神クリニックで相談し、カウンセリングなどの適切な治療を受けたほうがいいでしょう。

また、マスターベーションをする際の握る強さも注意しましょう。

膣内射精障害となった男性の場合、握る強さが10kg以上であることが多いというデータがあり、一般的なペニスを握る際の握力は4kg前後と言われていますので、倍以上の握力になってしまっているのです。マスターベーションにおいての自分にとって的確な刺激の強さで慣れてしまうと、女性の膣の締りがどんなに良くても、射精できなくなってしまいます。

ここからは具体的な膣内射精障害の改善方法を紹介しております。
1.マスターベーションの快感慣れを治す
マスターベーションはあまり強い力で握ってばかりいると膣内射精障害の原因になります。マスターべージョンの際に、射精が近くなるにつれて自制心が働かなくなり強く握ってしまうことがあります。

2.サプリを飲めば
サプリを飲むことで、精力増強、勃起力アップといった肉体的な効果から、セックスの際には膣内射精がコントロールできるようになります。

3.コンドームを使って
直接ペニスを握るよりもコンドームをつけてオナニーした方が刺激が抑えられますので、有効な改善方法のひとつです。

4.オナ禁してください
オナ禁状態で性欲も高まっているので、比較的簡単に射精できる可能性が高まってきます。

日本人の場合は膣内射精障害になりやすい?
日本人は「靴を脱いで生活する文化」であるので、二次性徴期に床や畳で寝転がることがよくあります。だからと言って、自然とペニスが刺激されますからそのまま床や畳にペニスを押し付けてオナニーする傾向にあるのだそうです。少年期の正しいオナニー方法を知ることが重要で、大人になって大変な思いをするケースもあります。