膣内射精障害を改善する方法ご紹介

膣内射精障害とは、女性膣内での射精障害を指しますが、広義には、女性膣内に男性の陰茎を挿入できないことから、狭義には、膣内に挿入はできるものの、オーガズムに達せず射精ができない、いわゆる遅漏症の延長とも言える状態です。膣内射精障害は不妊になる可能性がありますから、非常にたいへんです。膣内射精障害の改善方法は何でしょうか?本文では、膣内射精障害の改善方法の情報についてご紹介します。

自慰行為方法を変更する
まずは、マスターベーションをしてしまっている方の場合には、その方法を変更するのがひとつの膣内射精障害の改善方法です。性交渉中の注意点としては、自分の性的感覚に集中する(ペニスの先端に集中する)というものが考えられます。

優しい自慰行為を行う
強い刺激を与え続けると、刺激の弱い性行為では絶頂感を感じにくくなってしまいます。普段から強く握るような自慰は止め、優しいく扱うようにしましょう。

自慰行為の頻度を少なくする
性行為をする際、それ以前に自慰行為をしていなければ絶頂を感じやすくなります。普段から行っている自慰行為の数そのものを減らす、いわゆるオナ禁をしてみましょう。

コンドーム・マス法
膣内射精障害の改善方法には膣内と同等の圧力に慣れる必要があります。コンドーム・マス法はコンドームの中にゼリー(ローション)を入れることで、コンドームをまるで女性の膣内とイメージしてその中で射精できる方法になります。目的は膣内と同等の圧力に慣れることです。なるべく力を入れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です