膣内射精障害の治療方法

膣内射精障害はED勃起不全とは異なります。勃起は可能だが膣内射精ができない症状のことで、性機能障害に分類されます。

膣内射精障害の原因についてですが、大きく分けて「心因性」と「誤ったマスターベーション方法」があります。

まず、心因性の場合には問題が複雑であるケースが多いため精神クリニックで相談し、カウンセリングなどの適切な治療を受けたほうがいいでしょう。

また、マスターベーションをする際の握る強さも注意しましょう。

膣内射精障害となった男性の場合、握る強さが10kg以上であることが多いというデータがあり、一般的なペニスを握る際の握力は4kg前後と言われていますので、倍以上の握力になってしまっているのです。マスターベーションにおいての自分にとって的確な刺激の強さで慣れてしまうと、女性の膣の締りがどんなに良くても、射精できなくなってしまいます。

ここからは具体的な膣内射精障害の改善方法を紹介しております。
1.マスターベーションの快感慣れを治す
マスターベーションはあまり強い力で握ってばかりいると膣内射精障害の原因になります。マスターべージョンの際に、射精が近くなるにつれて自制心が働かなくなり強く握ってしまうことがあります。

2.サプリを飲めば
サプリを飲むことで、精力増強、勃起力アップといった肉体的な効果から、セックスの際には膣内射精がコントロールできるようになります。

3.コンドームを使って
直接ペニスを握るよりもコンドームをつけてオナニーした方が刺激が抑えられますので、有効な改善方法のひとつです。

4.オナ禁してください
オナ禁状態で性欲も高まっているので、比較的簡単に射精できる可能性が高まってきます。

日本人の場合は膣内射精障害になりやすい?
日本人は「靴を脱いで生活する文化」であるので、二次性徴期に床や畳で寝転がることがよくあります。だからと言って、自然とペニスが刺激されますからそのまま床や畳にペニスを押し付けてオナニーする傾向にあるのだそうです。少年期の正しいオナニー方法を知ることが重要で、大人になって大変な思いをするケースもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です