膣内射精障害の原因は何でしょうか?

膣内射精障害とは、ED(勃起不全)ではないのに、セックスのときに女性の膣内に射精できないという性機能障害のひとつです。膣内射精障害は不妊の大きな要因にもなって、あまり今まで注目されてこなかっただけに、ひとり悩んでいる男性も多いのではないでしょうか。では、なぜ膣内射精障害になりますか?膣内射精障害の原因は何でしょうか?本文では、膣内射精障害の原因の情報についてご紹介します。

自慰行為
膣内射精障害の原因の中で、多くのは自慰行為(マスターベーション)における問題です。非常に強い刺激でマスターベーションを行っている男性は、女性の膣内の刺激で射精できない状態になってしまうのだとか。このように、男性のこれまでの習慣が射精障害に影響することもあるようです。

手で射精する習慣
アダルトビデオ、ポルノビデオの中には膣内で射精せず、最後に手を使って射精するものがあります。これらの影響により、性交時にも射精の前に性器を抜いてしまい、手を使って射精してしまう習慣がついてしまっている若者がいます。そのような方も、まずはその習慣をきちんと直していくことが大切になります。

心因性の原因
ストレスなどの心因性のものが挙げられます。食欲、睡眠欲、性欲と言いますが、自然に性欲を満たすことができない状況を極端に作り出してしまうと、それはむしろマイナスになります。心因性のストレスが膣内射精障害の原因の場合は、問題が複雑ですので、泌尿器科を始め、精神科や精神内科などで相談されることをおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です