膣内射精障害と勃起不全は違います

膣内射精障害と勃起不全は両方もセックス時に何らかのトラブルが起きてしまう症状です。「膣内射精障害は勃起不全ですか?」と問題がありますが、今は膣内射精障害と勃起不全の別物と認識されています。

生殖器や性交に何らかの障害がある状態を「性機能障害」と言われています、性機能障害は勃起障害と射精障害の2つに分けられます。そして膣内射精障害は早漏や遅漏などと並ぶ射精障害の一種であります。簡単にいえば「どちらもセックスに支障がある仲間だが、勃起不全は勃起力、膣内射精障害は射精力に問題がある」ということになります。

また、セックスの途中に膣内でペニスが萎えてしまう、いわゆる「中折れ」は医学的には勃起不全に該当しますが、膣内でペニスが十分な感度を得られないために中折れしてしまう、ということもあるため、膣内射精障害とも考えられます。逆に膣内ではなくマスターベーションでも射精できない、まったく勃起しない状態になるというのは勃起不全と判断されます。

勃起不全はセックスのために十分な勃起ができない、または勃起できても維持することができない症状ですが、刺激の強いマスターベーションや過激なAVなどに慣れすぎてしまうと、勃起不全をひきおこすこともあれば、膣内射精障害に陥ることもあります。重度の膣内射精障害になると、「オナニー以外で射精できない」という状態になってしまう、女性とセックスすることができなくなる人もいますので「今日はたまたまうまくいかなかった」と体からのサインを見逃さないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です