射精障害の原因・射精障害分析

射精障害とは、ED(勃起不全)ではないのに、セックスのときに女性の膣内に射精できないという性機能障害のひとつです。

マスターベーションは、性交ではなく、自分の手や器具などを用いて自らの性器を刺激し、性的快感を得る行為。自慰ともいう。マスターベーションをやりすぎ、射精障害になった可能性が高くなります。原因はマスターベーションとは、布団や畳などに圧迫して射精するものです。ペニスを上下にこする一般的なマスターベーションに比べて、圧迫することで快感を得る方法です。この方法は非常に強い刺激によるもので、この方法に慣れてしまうと、少ない刺激では射精できない体になってしまうのです。

射精障害の治療
まず、ペニスを押し付けてマスターベーションをしない
床にペニスを体ごと押し付けるようなマスターベーションは行わないようにしましょう。万一、これが癖になっているようでしたら、今からすぐにやめるべきです。

次は、過激なアダルトビデオを見るのを控える
アダルトビデオを見ながらオナニーをすると性的快感が特定の性イメージと強く結びついてしまい現実のセックスで射精するのを困難にしてしまいます。

三つはオナ禁する
いまから、現実のパートナーとのセックスの回数を増やしていきます。

そして、あなたの腰を使ってみれば?
セックスとマスターベーションでは動きが違います。とくにマスターベーションでは腰を使ったりはしません。腰の使い方で、最後の射精を導くように訓練をしましょう。

今、彼女が居る男性も、居ない男性も、射精障害に少しでも心当たりがあるという男性はサプリの飲用や、マスターベーションの工夫、マスターベーションの矯正などから始めてみてはいかがでしょう。マスターベーションの癖は長い間のついてしまったものなので、なかなか治せないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です