夢精防止、予防|青年期夢精頻度について説明

夢精は、睡斎に性行為に関する夢や性的高潮を伴いペニス勃起後に射精してしまうことです。時には、夢や性的高潮、ペニス勃起を伴わないこともあります。男性の青年期によくみられる現象で、悪い病気ではありません。

青年の思春期には、精液の物質を作っているせいのうせんや前立腺が分泌成分を多くに生産するため、間脳を中枢を間にたてる射精反射が起こることが原因と考えられています。とりわけ夜間は、ぼうこうが尿で充満するため、これに接している精嚢腺や前立腺が抑圧されて夢精が発生すると考えられています。

かつては思春期を迎えると、夢精について、細かな所までよく知っている比率が高かったとされていますが、この数年間は自分で自分を慰める行為を覚えるのが低年齢化しており、夢精を経験せずに自分で自分を慰めること行為を始めるケースが多いと見なされています。

一般的に自分で自分を慰める行為を頻繁に行うと夢精を経験する割合が下がり、年齢とともに少なくなっていくのが普通。一説には、成長に伴い過剰な精液のメカニズムを排尿時に一緒に排出する能力が備わるため、夢精によって排出する必要がなくなるからといわれます。

夢精が毎晩起こったり、夢精頻繁高めると、病的な遺精といえます。その原因となる疾患としては、せきずい神経疾患、精嚢炎、前立腺炎、極度の精神的疲労、神経衰弱、性的神経症、禁欲などが挙げられ、夢精防止と夢精予防が必要な場合もあります。

普通には、精神的プレッシャーや肉体的プレッシャーがたまっている時には、筋肉の硬直から遺精が引き起こされやすいといわれます。

夢精頻度は
精子は毎晩生産されていて、思春期はとくに大量生産されます。だから、毎晩夢精をしても、体に悪い障害をもたらすことはありません。逆に、長い間射精をしなくても、活性しない精子は体の中で自然に分解され吸収されてしまうので、こちらも心配ありません。

夢精予防
毎晩夜寝る前には必ずセックスに関する事や女の子の事を考えない
これで最初のうちはある程度防げると思います。

大豆を主食とした食事を心がける大豆のタンパク質には女性ホルモンと同じ効果があるので性欲は落ち着くと思います。

現実の世界でも女の子に誘われてもセックスしないという考えを持つ!
これが一番重要です。実際夢は見ている時は現実と区別が付きません。
夢で女性から誘われても断る事が出来き夢精を回避することができます。
夜遅くまで起きないようにして早寝を心がける夜は心を惑わせが多いのでよほど精神が強い人でないとセックスに関する事を考えて夢精してしまう可能性が高いようです。

夢精防止法
夢精は、普通には病気でないことが多いですが、夢精防止できる可能性もあります。夢精の手立てとしては、睡眠中に膀胱を尿で詰めて満たさせないために、寝る前には必ずトイレに行っておくことである程度の夢精防止が可能です。また、日日に自分で自分を慰める行為の回数が少ない人 は夢精が起きやすいといわれているため、定期的な自分で自分を慰める行為も効果的であるといえます。 また、遺精については、神経衰弱、精神興奮状態などが根本原因と挙げられるので、心をリラックスさせることが必要です。そのためには、適度なトレーニングをしてプレッシャーを改善させることも効果的です。

出典: http://cincinnatizen.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です